いまや定番のエレキギター配線用の線材となったBelden。太さや種類によりたくさんの選択肢があるのも魅力ですね。
それとやはり一番に挙げなければならないのは、ピックアップからのサウンドを損ねることなくアウトプットしてくれるって言うことでしょうか。
難しいのはHi-Fiなら良い、というわけではない、と言うところ。
あまり硬すぎ、良すぎても音質も耳にキンキンくる、ギターらしくない、という評価につながっちゃいますね。

そういった中で非常に安定した評価があり、エレキギター内部配線に使用するのに丁度良い、それがBeldenの位置かな、っと思います。

で、わがT’s Guitarsでは10年ほど前から定番で使っておりますが、結構大量に使いますので、業務用と言うものを取り寄せて使いました。
左が一般的に出回っている30M巻きですから、その大きさの違いが分かりますね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です