今回オーダーいただいたのはまさにエレキギターの定番!という感じのスペック。ブリッジはGE101TSです。
アルダー2Pにローズ指板、Fenderラージヘッドがカッコ良いですね。
カラーも付けずオイルフィニッシュで仕上げたボディにDuncanのQuarterpound!ストレートです!コレが気持ちよい。弾むようなサウンドが、きっと何年か後には粘っこさを加えてさらにご機嫌な感じになるんでしょうね。
中域の

完成したギターを弾いて、このシンプルさに改めて納得しましたよ。T’sはどちらかというとウィルキンソンやFRT、シンクロでも510TSの2点支持など、ハイエンド系に定番のブリッジを使うことが多いんですが、この、どシンクロ。
やっぱりこのサウンドは捨てがたいですね。

ん~っ、良い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です