ギターとドライヤー?!

ギターのナットが牛の骨から作られていることを学びました。 もちろん他の素材で作られているナットもありますが、T's Giutars の標準ナットは無漂白の牛骨です。 今回はドライヤーを使ってバインディング加工している様子をご紹介します。 見た目は普通のドライヤーですが、ご注意ください!! 200℃の熱風を出す強力なドライヤー、その名も「ヒートガン」・・・強そうです。 この道具を使ってギターのバインディングの加工をしていきます。 ウクレレ担当の馬場さんです。手にしているものがエレキギターのバインディング用樹脂です。 多少しなりはしますが、ご覧のとおり真っ直ぐな樹脂です。 写真は Arc のボディーです。バインディングをつける箇所は綺麗に加工して溝が作られています。 樹脂をあてがい、熱風を送りながら形を作っていきます。 時おり熱風が手...
続きを読む