昨日に続いてTeleのお話。

ビンテージタイプのブラスの3-wayサドル。サウンドは素晴らしいですし安定感、テンションなど考えてもこれがTeleの原動力と言っても過言ではないほどのパーツです。ですがやっぱり構造的に弦ごとのオクターブチューニングが出来ないのは誰が考えてもお分かりですよね。ん~。(-。-)y-゜゜゜

で、登場するのがいわゆるコンペイセイテッド(合ってるかな?compensated – 補正された)サドルです。それぞれのサドルが少し傾いてネジ穴が開けられていて、ルックスはちょっと妙な感じですがオクターブはバッチリ合うという代物です。

写真は有名なカラハムのものですが、取り付けて調整してみるとなるほど結構バッチリイントネーションが合いますね。(*^_^*)最近は取り付けが斜めにならない改良バージョンも出ているようですよ。

サウンドは極力そのままにして、楽器としてより快適に使えるようにする。Goodです!

元々のサドルとカラハムのリプレイスメントサドル

取り付け場所を間違えないようにサドル裏に音名が刻印されています。コレは親切!

これでバッチリですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です