正解は・・・、フレット曲げ機。ジムダンやフリーダムさんのステンレスフレットなど、あらかじめカットされているけどアールが付いていない真っ直ぐなフレットを使う時に、指板アールに合わせて曲げるんですね。
両端をニッパーなどでくわえて手で曲げるやり方もありますが、こんな形のいろんなアールにあった治具をあらかじめ作っておくと、溝にはめて上からギュッと押さえるだけで均一なアールに曲がってくれます。だからフレット打ちの仕上がりもばっちりきれいですよ。
180Rから240R,300R,350R,400Rといろんな方を用意してありますヨ。

4 thoughts on “正解; これは何でしょう?

  1. Wolfey より:

    指板のRに曲げていたとしても、
    指板に打ち込む時に、曲がっていた物が、元に戻ろうとするじゃないですか???

    規定のRよりも、すこしキツめに曲げていらっしゃるんでしょうか??
    それとも、ピッタリ曲げて、ピッタリ打ち込み???

    ま、素人がチャレンジしない方が良いんでしょうけどね・・・(苦笑)

  2. Kenji Takahashi より:

    ピッタリ曲げてピッタリ打ち込み!ですヨ。打ち込むときにはアールに合ったブラス製の「caul-カウル?」
    もしくはアクリルかベークライトで自作した当て板を使いますから、アールをキープしたままで指板に収まります。

    私は基本的にネックをたたくのが嫌いなので、フレットも「打ち込む」のではなく「押し込む-プレス」方式です。
    ペグブッシュやボディのストリングブッシュも同じです。ジャストのサイズに調整して押し込むのが良いですね。
    叩くとどうしてもルーズになってしまうんです。

    ピッタリフィット(笑)が基本デス!

  3. Wolfey より:

    ありがとうございます!

    「押し込む」んですね~~~~
    プラハンで「叩く」事しか思いつかなかったです(笑)

  4. kenjitsg より:

    叩くんならブラスのハンマーが一番ですね(^^♪ フレットも傷めないですし。でも上手に叩かないと、
    打った外側が反り返ってきちゃいます。

    とあるイベントの二次会でビルダー、リペアマンがたくさん集まっているところで、「みんな、どうやってるの~?」
    と聞いたらそこから話は大盛り上がりでした。みんな苦労しながら日々模索の繰り返しのようです。

    要は、正解はないってことですね(*^_^*)。 by フレット&指板ヲタク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です