もうひとつ、こちらもナイロン弦のエレガットギターのブリッジサドルを位置変更して調整した例です。(※チューニングはバズフェイトンになっています。)

元々RMCの各弦独立のピエゾサドルが使われていたので、サドル溝を一旦ローズウッドで埋めた後にイントネーションの合う位置に溝加工をしてサドルを納める必要がありました。ちょっと手のかかる作業です。

で、その際元々結構前寄りにサドルがあったものでブリッジ前端まで寄せてもイントネーションがもうチョイ合わない状況でしたので、考えた末ブリッジ自体に同じ素材を付け足して位置合わせをしたんですね。

調整後はコードを弾くとまるでハープを弾いているような響きです。(^^♪

 

<※ T’s GuitarsはRMC ピックアップの代理店業務はいたしておりません。>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です