この写真、ウチで製作したゼロフレット付きのギターです。牛骨ナットも付いていますが、ただ単に弦がずれないように横方向の規制をしているだけの役割でほとんど弦に触れていません。

それまでゼロフレット仕様のギターを製作したことはほとんど無く、あってもヘッドレスのスタインバーガータイプでしたので特に問題を感じたことは無かったのですが、このギターはゼロフレットである上にトレモロ付きでした。当然フレットの減りは予想されたので多少でも緩和させようとゼロフレットのみステンレス製を採用してみたんです。

ところがしばらく弾くとフレットの天辺に傷が出来、トレモロを動かすたびにその出来てしまった小さな溝に弦がはまったりはずれたりしてピキーンという異音が出ました。普通だったら左の牛骨ナット(幅=5mm)のところに弦のテンションがかかるんですが、ゼロフレットの場合にはホントにピンポイント。点で荷重するようになりますのでその負荷はかなりのものです。

モズライトなどのように多少控えめなヘッド角ならまだ何とかなりそうなものですが・・・。

それでどうしたかと言いますと、ある程度高さのあるフレットを打っておいて天辺を削り、少し線であたるようにしたら多少は良くなりました。でも全く削れて行かないかと言うとそんなことは無く、いまだに自分の中では課題として残っている存在です。

プレイヤビリティの上ではゼロフレットというのはとても都合の良いものなんですが、常に弦と接触していてさらに弦振動でグリグリとこすられているわけですから、なんとも無いはずはないのですが、削れない新素材開発か、はたまた簡単に交換可能なゼロフレットか、何か考えてみたいものですね。(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です