現在、自分がメインギターとして使用しているArc-STD/VS100Nは、
過去に使用していた、どのモデルよりもピッチが安定しています。

過去に使用していたギターは、ハイポジションでも音程の悪さ・音抜けがレコーディングで顕著に目立っていましたが、
その悩みをBFTSが解消してくれています。
また、特に自分の中でのお気に入りとして、ネックグリップ。
決して太くはない、だが細くもない。この絶妙なグリップが非常に気に入っています。

Arc-STDに搭載されているタップSWとトグルSWの使い勝手が非常に良く、
ヘヴィなリフを刻む時や、ポップなカッティング。クリーントーンでのアコースティック風のサウンドまで、
多彩なサウンドバリエーションを実現出来る1本として、非常にお気に入りな1本です。
最初はセミ・チェンバーという事で、ライヴでのハウリング等が心配でしたが、
ハードに歪ませても大丈夫。という点も、非常に助かっています。

セミ・チェンバーボディという事もあって、自宅で弾く時など、
非常に響きが良い点もお気に入りにポイントですね(^^♪
Trance Blue Denimカラーの見た目も良し!サウンドも良し!演奏性も良し!
僕にとっては至れり尽くせりの最高の相棒です!

高橋さんを始め、T’sGuitarsスタッフの皆様、本当にありがとうございました!

BrandNewVibe Ryo

(原文)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です