Tele ブリッジ

昨日に続いてTeleのお話。 ビンテージタイプのブラスの3-wayサドル。サウンドは素晴らしいですし安定感、テンションなど考えてもこれがTeleの原動力と言っても過言ではないほどのパーツです。ですがやっぱり構造的に弦ごとのオクターブチューニングが出来ないのは誰が考えてもお分かりですよね。ん~。(-。-)y-゜゜゜ で、登場するのがいわゆるコンペイセイテッド(合ってるかな?compensated - 補正された)サドルです。それぞれのサドルが少し傾いてネジ穴が開けられていて、ルックスはちょっと妙な感じですがオクターブはバッチリ合うという代物です。 写真は有名なカラハムのものですが、取り付けて調整してみるとなるほど結構バッチリイントネーションが合いますね。(*^_^*)最近は取り付けが斜めにならない改良バージョンも出ているようですよ。 サウント...
続きを読む