エアコンにご注意!(^.^) 人も楽器も!

寒くなってきましたね。私の地域ではたまに雪が降りますのでそろそろスタッドレスに履き替えなきゃいけません。 で、車のお話じゃなくて楽器のお話。 みなさんそろそろ暖房を入れている時期だと思いますが、特にローズ指板やエボニー指板Nギター、ベースをお持ちの方。 暖房にエアコンを使っていると部屋の湿度が極端に下がります。下手をすると20%台まで行くことも。 そうなると指板が過乾燥の状態になりまして、順反ってくることがありますのでご注意ください。 出来れば加湿器を炊いて40~50%に保つと良いですね。 湿度はもちろん人間にも影響します。諸説ありますが、風邪の予防には少なくとも40%の湿度キープが良いようですよ。 人間もギターも風邪をひかぬよう、ご注意を!(^.^)
続きを読む

吸湿材-その1

この時期、気になるのが湿度ですね。私たちの製作の場でも梅雨時から夏場にかけて、作業場や材木保管庫のちょっとした湿度変化によって作業工程を変えたり仕上がり寸法を調整したり、チェック~頭をつき合わせて検討考察~寸法変更~またチェック~修整の連続でとても神経を使います。木材加工をしている上での宿命ですね。 加工している最中もそうですけど、出来上がった後、ユーザーの皆さんの手に渡った後も、もちろん楽器は湿度や温度変化に大きな影響を受けてしまいます。 最近どこの楽器屋さんでも置かれている、ケースに入れる用途の吸湿材、ありますよね。これの効果のほどが以前から気になっていまして、少し調べてみました。 多く使われているのは昔からなじみのあるシリカゲル。A型とB型というのがあり、A型は几帳面でまじめ、B型はマイペース・・・ではなくて(^_^;)、 A型は低湿度から比較的安定した吸湿力があり、B型は...
続きを読む