山陽新幹線保守車両事故

一昨日の山陽新幹線保守車両事故。6万人以上の足に影響が出たそうですね。 ちょっと調べたところによると、一日の新幹線利用客は60万人とも80万人とも言われているようですが、差支えがあるのか断定出来ないのか、はっきりとは発表されていないようです。でもいずれにしてもそのうち6万人というのはかなり大きな数字です。ホントに今回人的な被害が無かったのは全くの幸いと言えるでしょうけれど、このパーセンテージが大きいのか小さいのか、僕なりに考えます・・・。 見聞きしたところによりますと、新幹線は24時から6時の間は営業運転を止めて、その間に今回活字に出てきた保守点検車両というのが全路線くまなく、それこそ線路からトンネルから防護壁から何から何までチェックして、必要がある箇所は修繕、補修を繰り返しているそうです。その仕事にかかっている時間、人件費、経費、あるいは係る人皆が職務を全うしているか、などは...
続きを読む