たまにはVintage-STも良いじゃぁないですか・・・。

DST- ディンキーサイズ、ドロップトップのSTが多いティーズですが、たまにはって事で思いっきり ビンテージのストラトを作ってみましたよ。 軽めのアルダー、わずかにフレイムの入ったこれも軽めのメイプルネック材、'60頃を意識したピックアップ、 ブリッジも6点止めのシンクロ、スチールのイナーシャブロックです。 グリップはややファット。 こうなるとやっぱりハーフトーンが聴かせどころな感じです(*^_^*) おのずと出てくるフレーズも、いつもと違ってきますね。。。
続きを読む

OEM ベースネック

見てください!このネックの山(※正確には製作中のネック→これから指板貼り) ティーズではOEM生産としていろんなブランドの製品を手がけていますが、このネックたちはここ最近 人気急上昇中のとあるブランドのものですよ~。さてどこのでしょうかね・・・。 でも注目してもらいたいのはこのきれいなピラミッドのような積み重ね方。 コレだけでもスタッフの楽器を大事に作る気持ちが見えてきそうでしょっ。 この工程はネックにトラスロッドを仕込んでメイプルの埋め木をしたところでして、これから一晩寝かせてから 次の指板貼りの工程に移ってゆきます。 ベースネックにとってトラスロッドがきちんと効くのはとっても大事な事。コレがダメならネックが弦の力に 負けちゃいまして真っ直ぐになってくれませんね。 真っ直ぐなネックにならないと、バシっとした音が出ませんし、なにより弾きにくい、音程が合わな...
続きを読む