DST-Classic24 オーダー品 Faded Blue

ここの所Arcの写真ばかりでしたが、もう一方の超人気モデル、DST-Classic24のオーダー品も1点ご紹介させていただきますね。 素材はここの所リクエストの多いホンジュラスマホガニーのネック/ボディ材に、ローズ指板、Exotic Flameのトップを貼りましてお洒落なFaded Blueに仕上げました。 ピックアップはここの所定番となりましたDH-250n/DS-592/DH-250b、ブリッジはシンプルに6点止めシンクロ(GE101TS)です。 このスペックが引き出す豊かなトーン、ラウドな鳴りはとても出来立てほやほやのギターとは思えないほど!1年2年と弾き込んでもらううちにさぞかし表現力豊かなギターになることでしょうね。 マホガニーに硬めのトップ材を貼ることで箱鳴りのような豊かなボリュームと粒立ちの良いアタック感が作られます。これでボディバックにも薄いメイプルを貼...
続きを読む

ストラトフルサイズの貫禄!?

前々回に次いでフルサイズのストラトキャスターシェイプですが、今回はVintageではなくコンテンポラリーですか。 ディンキーサイズのストラトは取り回しも良く、定番で扱っていますけれど、オーダーいただく中にはある程度の割合でフルサイズのご希望がありますねー。 抱えた感触も違えば吊るした時のバランスや重量も微妙に違ってきます。サイズで云うと外周が4~5mm小さくなったくらいですが、その差はサウンド面、ビジュアル面でも少なくはありません。 今度、体積でどのくらい違うか、計ってみますね。。。 (※ 写真はイケベ楽器様サイトから拝借いたしましたm(__)m)
続きを読む

カスタムオーダー#030792

今回オーダーいただいたのはまさにエレキギターの定番!という感じのスペック。ブリッジはGE101TSです。 アルダー2Pにローズ指板、Fenderラージヘッドがカッコ良いですね。 カラーも付けずオイルフィニッシュで仕上げたボディにDuncanのQuarterpound!ストレートです!コレが気持ちよい。弾むようなサウンドが、きっと何年か後には粘っこさを加えてさらにご機嫌な感じになるんでしょうね。 中域の 完成したギターを弾いて、このシンプルさに改めて納得しましたよ。T'sはどちらかというとウィルキンソンやFRT、シンクロでも510TSの2点支持など、ハイエンド系に定番のブリッジを使うことが多いんですが、この、どシンクロ。 やっぱりこのサウンドは捨てがたいですね。 ん~っ、良い!
続きを読む