クレイドット

ポジションマークでひとつ思い出しました。(*^_^*) Vintageタイプのギターの指板にはクレイドットが定番ですね。あのしっとり落ち着いた色合いはまさにビンテージテイスト。当時はドリルで開けた穴に粘土(クレイ)を埋めていたという事らしいですが、今の時代にはなかなかそこまでは出来ません。 私も50~60'と同じ風合いのポジションを捜し求めていましたが、なかなか見つけられませんでした。 ・・・ところがある時、某メーカーレプリカのフレット交換のために指板を削ってみるとっっっ、どっひゃーっ、クレイだった(に見えた)ドットマークがいきなりきれいなクリーム色に!!!(^_^;) ホント冷や汗もんで、いったい何をしてしまったのかとパニックになりかけましたが、結局指板全体に色を着けてそれ風の雰囲気を作っていたんですね。そーかーっっ。なるほどーっ。ギター製作20余年にして初めて知りま...
続きを読む