マーブルフィニッシュオーダー受付開始!

2015サウンドメッセin大阪で発表しましたショーモデルに T's Guitars 新たな塗装が採り入れられました。 2種類のMarbleパターンと、ご希望のカラーの組み合わせで型にはまらない唯一無二のカラーリングに仕上がります! カラーオプションとしてご注文いただけるようになりましたので、オーダーの際にぜひご検討下さい。+¥10,000(without tax) 2種類のMarbleパターンとカラーサンプルを以下にご紹介いたします。   Ⅰ, Mantle pattern ”マントル” 地球の深部を長い年月をかけて対流している岩石。 その一片を切り取ったかのような模様は、人が未だ見たことがないマントル層を空想し、表現致しました。 Arc-STD EV510  "Blue Mantle Burst" ¥420,000 (in...
続きを読む

T’s Guitars FAIR イケベ楽器様 全店にて開催中!

イケベ楽器様 全店 におきまして、T's Guitars FAIR 2015 AUTUMN を 8/29-10/31 開催中です。T's 製品を数多く揃えていただいていますので、ぜひお出掛けください! 期間中にギター本体をご購入、またはカスタムオーダーをご成約いただいたお客様には T's Guitars オフィシャルグッズをプレゼント! さらに下記日程・イケベ様 各店舗にて「カスタムオーダー相談会、セットアップ・メンテナンス」も開催させていただきます。(要事前予約) T's Guitars 購入をご検討されているお客様はぜひ!Arc、DSTのトップ材として使用するフレイムメイプル・キルテッドメイプルなど、T's Guitars がストックしている木材の画像をお見せしながら、マスタービルダー高橋がご希望のスペックをじっくりとご相談させていただきます。 T's Guit...
続きを読む

恐怖

            こんにちは。 加工、ボディの研磨をしているTです。 今回は刃物を紹介します。写真は44Rの羽刃です。 主にヘッドトップの立ち上がりのRを作るのに使います。 見た目は丸くてかわいい奴なのですが、ルーターに付けてスイッチを入れるとこれが高速で回転して 風切音と共に狂暴化するのです。 万が一巻き込まれようものなら痛いではすみません!初めて使った時には恐くてチビリそうになりました。 正直今でも恐いですが、どんな機械加工でもそうやって恐いと思う事で慎重になることができる! 僕は腰抜けなんかじゃない! と自分に言い聞かせているTでした。
続きを読む

チェンバーと僕

              どーもはじめまして! 主にNC及び木工加工を担当してますマキシマムザホルモン大好き金澤です。 初めて書くスタッフブログにかなりびびってます。 愛する息子達の事を書こうと思ったのですが、初めてなので真面目な事を書こうと思います! 今日はチェンバーと僕のタイトル通り、チェンバー加工について書きます。   上の写真はただ今人気沸騰中のArc-STDのチェンバーです。 ソリッド感とサスティーンをちゃんと残しつつエアー感のある鳴りを両立させています。 そしてやっぱり完全ソリッドに比べると軽いです!総重量で3.5kg程です。 長時間演奏する上で軽くて疲れないというのはかなり重要だと思います。 ...
続きを読む

DST簡単お見積もり リニューアルいたしました!

いつも弊社サイトをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 本日「DST簡単お見積もり」のページをリニューアルいたしました。 まだ一部未完成、不十分なところもありますが、まずはお試しいただきたいと思います。 ぜひ気軽にお問い合わせいただきまして、カスタムオーダーのご検討をいただければと思います。 お問い合わせやご相談、ご注文はお近くのT's Guitarsお取り扱い店様からでももちろん可能です。
続きを読む

オーダー新作DSTC24

オーダーいただいて製作しましたDST-Classic24!ブラウン系のバーストに4プライのベッコウ! こだわりはGotoh 510シンクロのSSサドル。残念ながら今年のカタログからは落ちてしまっていますが精度は抜群。トラブルなしです。 ここのところ、T'sオリジナルPuご依頼の割合がと~っても増えていまして企画者としてはうれしい限りです。良く歪むピックアップはたくさんあるんですけど、輪郭や音程を残しながら、なおかつツヤっぽく歪んでくれるものをと思いまして開発しました。 なんと言っても大事なのは、仕様のご相談、材料の選択からパーツのチョイス、最終的なセットアップまで一貫した流れを貫くことが出来るT's Guitarsの姿勢だと自負しておりますよ。 そして、無理を言っても意外とリーズナブルなプライス! 是非一度お問い合わせくださいませ!ディーラーショップから、または直...
続きを読む

クラフト・ギターワークス

どこのギターでしょう???  ヘッドを見ると「Kraft!」? ナニを隠そう、T's Guitarsの前身であったKraft Guitar Works時代に作った自分用のギターです。 トラ目のメイプルネックに杢の入ったセン(鬼栓)1pのボディ。この材、当時では結構貴重なもので高級仏壇にも使われていたとか。ホワイトアッシュに似た木目ですね。思いっきり自分の好みのスペックになっていますが、グリップは薄めのカマボコですよ。 皆さんも自慢の愛器紹介してくださいな。Ask usのページから写真添付で送っていただけば、順次掲載させていただきますよ。
続きを読む