頑張ってます!-Arc@製作中

作業場風景の報告。 今週組み始めているのはオーダーをいただいたArc-STD & Hollow。ん~、なんとも壮観ですな(^^♪ いやいや、本当にご愛顧に感謝!ありがとうございます。 それ程たくさん作れませんので普段こんなに並ぶことはないんですが、スタッフ一同頑張って製作に当たらせていただいてます! 黄色いマスキングテープでぐるぐる巻きで見苦しいんですけど、塗装工程が終わってまず取り掛かるのがこのフレット処理ですね。傷や汚れがなるべく付かないように指板とボディにマスキングをしてすり合わせ~フレットドレッシング(クラウン)。 フレットワークが終わるともう半分作業が終わったような気がします。それだけ時間と根気を注いでますよ。大事な部分ですからね。 来週にはパーツが取り付けられて、順次最終調整に進んでゆく予定ですよ。 皆さん、お楽しみに(*^_^*)
続きを読む

フレットすり合わせ

ギター、ベースのフレットすり合わせとクラウン処理は、製作工程の中でも特に時間をかけて正確に行う作業です。フレット命!と云っても過言ではないくらいですね。(もちろんその前にネック自体がキッチリ出来ていないとお話になりませんけど…。) 以前は木の板にサンドペーパーを貼りつけて使っていましたが、その度に平らだしをする必要があったりして精度に欠けるものですから、現在はアルミ製のものを平面出しして使っています。 これでもやっぱり連続して何本も作業していると、熱を持ってきてわずかにたわんでしまう事もありますから十分気をつけて使い、シッカリ精度の出た定規を当てて確認します。 指板面もきっちり真っ直ぐがベストな訳ではなく、弦を張った時の反りを考えて微妙に直線を変えてあげるんですよ。 リペアをしていても一番多いのはネックの反りに関する修理ですからね。自社の製品は「なるべく帰ってくるナヨー。(^O...
続きを読む