さて、一体なんでしょうか?

梱包されているのでわかりにくいですが
ほどくと下の状態になります。


フレットです。

国産フレットなどはこのようなロール状で入ってきます。

店頭ではなかなか見かけることはないでしょうが
ここから、各ギターやベースの指板アールや幅に合わせた形状にカットされます。

また、仕様頻度の高いものなどはあらかじめアールや幅が各フレットごとに
カットされた状態のものを頼んだりもします。

毎回最初のロールの状態から始めると結構たいへんです。

指板がバインディング仕様の場合はちゃんとその分
タングの部分がカットされてます。

非常に助かります。ありがたいことですね。

門脇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です