ノイズ処理電装部品と言えばやはり言わなければならないのはノイズの事です。輸入物のある程度高額なギターの中にもノイズ処理があまりされていないものがあります。あるいは処理がなされていても、ただ単純に導電塗料を塗っただけで済ませてあったりします。ノイズはピックアップやコントロール類全体で見て、効率よく処理されなければなりません。
ノイズが出た場合、ただ耳障りなだけでなく音楽に必要なおいしい音もノイズにかき消されてしまっています。出来るだけ純粋な弦の音だけをもらさずアウトプットしてあげたいものです。
ティーズギターでは通常の導電塗料による処理のほか、キャビティ内に銅箔を敷き詰めるスペシャルバージョンもお受けしております。銅箔処理は高域が劣化すると言われる方もいらっしゃいますが、そんな場合にはボリューム、トーンポットをひとつ大きな値に変えてあげて補正するパタンもありますよ。

リペアメニューの一覧へリペア料金表へ