弦楽器としては当然ながら、ネックは弦の張力を支えて振動エネルギーをボディに伝える役割を担う、ギターの要となる非常に重要な部分です。
さらにネックやフレットが良い状態になっているかどうかで、弾き心地や音色まで違ってきますので、この部分のメンテナンスを定期的に行うことが、心地よく演奏する為に不可欠と言えるでしょう。
量産品の中には1フレットに対してすり合わせが行われていないものも見受けられます。

これはすり合わせによって1フレットまで削られてしまうと、さらにその低くなった1フレットに合わせてナット溝を調整しなければならなくなり、工程からすると余分な手間が増えてしまうからだと推測されます。コストを重んじるあまり大事な部分をおろそかにしてしまった悪い例ですね。
ティーズギターではネックの幅と長さを持った大きく軽くかつ狂いの少ないアルミチャンネル状の板を使って100分台まで正確にすり合わせをすることが標準になっております。
さらにフレットエッジは弦落ちしない範囲ぎりぎりまで面取りを施し、きれいに磨き上げて仕上げます。指板エッジの処理とあいまって、使い込まれたビンテージギターのように滑らかに手になじむようになり、フィンガリングもスムーズになります。

リペアメニューの一覧へリペア料金表へ