おなじみ、Switchcraft社製の横型トグルスイッチですが・・・、普段見かけるものと比べるとちょっと違う。。。

やたら端子の数が多いですね(^^♪ 通常のものは真ん中にアース端子がひとつに、そのほかに左右2個ずつの端子があります。
ところがこのスイッチはさらに左右2個ずつの端子、アースを入れて全部で9個の端子があります。ん???

ちょっとレアであまり見かけることはありませんが、ミニスイッチに例えるとノーマルのものは3pinのon-on-onですけど、
コレは6pinの役割をしますね。
いわゆる2回路2接点ですから、アイディア次第で色々使えます。

例えばハムバッカーのフロント/リアの切り替えをしながら、センターポジションではオートタップにするとか、
リアにした時に何かが効くあるいは切れる(あはは)。とかね。。。何があるかな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です