初荷で入荷した希少材のご案内です。
新年を飾るにふさわしく、少量ですが「Aqua Timber – アクアティンバー」ネック材が入荷しました。

以前もサルベージウッドという名称で独自に入手していましたが、取次ぎ会社の変更により現在日本国内でも流通しているアクアティンバーという名称に変わります。素材としては今までと同じく湖に沈んでいた木材とい云うことに変わりはありませんが、通常の木材と同じで、入荷してくるロットにより性格は異なります。(フジゲンさんでタイムレスティンバーといわれていたものと同様のものです)

まず持ってみた感想は「軽い」ですね。その割りに剛性感があり、叩いてもカンカンとよく響きますよ。
作るのが楽しみになりますね。(*^_^*)どの指板と組み合わせようかな・・・。
今まで使用した際にも、加工時のクセの無さと安定感は確実に感じられましたし、何より使っていただいたユーザーさんからの高評価がすべて語ってくれている感じがしました。

やはり楽器は素材が命です。すしのネタと一緒でいくら頑張っても素性の悪いものではお勧めできるものが出来ませんね。

不定期ではありますが、引き続き入荷してくる予定です。ご興味がおありの方はぜひお問い合わせくださいませ。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です