楽器としての命が吹き込まれる

念入りに、念入りに。
ネック用、ボディ用の板材から加工を始めたものが百にも及ぶ工程を積み上げた後に、楽器としての命が吹き込まれる。

ネックとボディの性能を120%引き出すのが最終工程の役目。

このギターも、このギターのオーナーも、ともに幸せになれますように。気持ちを込めて一本一本を送り出してゆく。

一覧へもどる