木地研磨

加工が済み、フレットが打ちつけられたネックは木地研磨工程へと進む。
この機械は3点式の「ベルトサンダー」と呼ばれる木工独自のもので、これでどんなものでも研磨することができる。
だが不思議とアメリカあたりの工場では使われているのを見たことがない。

写真ではネックグリップのシェイピングをしているが、やはりここは重要な工程。時折グリップの形状を目と手の感触で確認しながらマシンのようにスピーディーに手を動かす。

一覧へもどる