トップ材接着後のボディ

トップ材接着後のボディ。ここではアルダーバックにアッシュをトッピング(とは言わないか.)
トップ材を貼ったことでボディ全体が表側に反ってしまう事が往々にしてある。性質の異なるものを貼りつけるのであるし、木はそれぞれ動くもの。また一旦接着剤を吸った後にそれが乾くことで木が縮小してしまう傾向があるので、まったく動かないという状態を目指すのは実際難しいことである。
最小限の狂いに押さえ、また使える状態を保てるような事前の段取りも必要である。これぞノウハウというところ。

一覧へもどる