狂いにくい丈夫なネックに

ネックにとって非常に大事な部分、グリップの加工。ここでいよいよネックらしい形状へ仕上がってゆく。
この写真ではピンルーターという機械を使っているが、シェイパー(面取り)という機械を使う事もある。
最終的なグリップ形状はこの後の木地研磨で仕上げられるが、まずはここで大まかな形が決まってしまうので、気の抜けない工程である。
木は一部分を削り取ると、そちら側に反る性質がある。ここでグリップを加工すると若干後ろ側に反り、また指板を貼って指板面のアール加工をすると、今度は表側に反る。さらにフレット溝にフレットを打ち込む事でまた後ろ側に反った形になる。
それぞれの反りは非常にわずかであるが、工程ごとの狂いを見越して加工をし、また狂いを出してそれを修整しながら、狂いにくい丈夫なネックに仕上げてゆく。

一覧へもどる