ベストな配線を

エレキギターには配線がつきもの。だが一口に配線と云っても、ボリューム1個とジャック1個の単純なものから、複雑なプリアンプが取り付けられるものまでさまざま。

配線の極意は何と言ってもトラブらない結線に尽きる。どんなに高級な線材を使ったとしても、ライブの途中で音が途切れてしまったらアウト!
確実、きれい、丁寧に結線された配線は見ても美しく危なげない。さらにノイズ面での配慮も考えてベストな配線を目指す。

一覧へもどる