トラスロッド用の穴を開け

横置き型のボール盤で1ピースネックのヘッド側にトラスロッド用の穴を開けているところ。
どの工程を取ってもその一つ一つは単純ではあるが
、ここからロッドを入れてネック裏に彫り込んであるザグリにキレイに抜けないと機能的な問題が出てきてしまう。
たとえば少し角度が違っただけでロッド溝にスムーズにつながらず、アジャストロッドの利き方にくせが出てしまう場合がある。精度を求められる大事な工程である。同じ様にしてネックエンド側も穴が開けられる。

一覧へもどる