Arc-Hollow 久々の対面(^^♪

十年ほど前にArc-Hollowをお買い上げいただいたお客様。今日お仕事の都合で長野にいらしたそうです。ちょうど良い機会なのでギターの調整、チェックということでお寄りいただきましたよ。 Lemon Dropカラーに塗られた個体ですが、まぁ〜10年前とは思えないくらいきれいに使って頂いておりまして、全体見渡しても特に大きな問題はございませんでした。 この時期は過渡期でして、ピックアップLindyやDuncanを使っていましたね。でもそれ以外のスペックはほぼ現在とおんなじ。 あいも変わらぬご愛顧に感謝!これからもキープできるよう精進いたします!m(_ _)m
続きを読む

Jescar Evolution-Gold フレット

ここ最近耳にすることの多いJescar フレット。 ティーズギターでも標準のフレットとして使っています。 主に使っているのは・・・下の3種類。 ・幅2.29x高さ1.38mm ・幅2.63x高さ1.22mm ・幅2.79 x高さ1.45mm それぞれニッケルシルバーとステンレスをご用意しておりますよ。 そのジェスカーですが、最近Evolution-Goldってのが出てきましたね。ご覧のとおり金色です。 サイトを見ても材質に関してあまり詳しくは書かれていないようですが、その昔ワーウィックで 使われていたブラスのフレット(たぶんジムダン)よりは硬度もありそうで良さげですよ(^.^) オーダーでGoldパーツをお選びの方、いかがですか?
続きを読む

サンドペーパーの「♯」

木工作業で欠かせないもののひとつであるサンドペーパーですが、シート状のものやベルトになっているもの 番手も♯80~♯2000くらいまでを使いわけしている訳ですが、 そういえば「♯80」ってどういう意味? 曖昧なので調べてみました。 サンドペーパーの粒度(粒の大きさ)を表しているのですが まず「♯」は「メッシュ」と呼び、続く数字は長さ1インチ(25.4センチ)あたりの網目の数を表します。 つまり♯80の場合、1インチ当たり80の網目がある篩(ふるい)にかけた砥粒を使用しているという意味のようです。 (細かい番手のものは篩にかけている訳ではなく、別の方法があるみたいです) 実際にペーパーの裏側を見てみると 「♯」は表記されておらずアルファベットが表記。 数字の前についているAやCは砥粒の種類(A:褐色アルミナ、C:炭化ケイ素)を示...
続きを読む

フレット磨き用スチールウール

いつもフレットを磨いているスチールウール。そのままちぎって使っているとすぐに粉々になって無くなっちゃいますけど、今日は上手に長く使えるマル秘方法を伝授!(そうでもないか・・・。) 粉もあんまり吸わずに済むし、減りも少なく一挙両得(^^♪  ※ on mouse もしくはクリックで文字が出ます。
続きを読む