キルテッドメイプル。僕の大好きな木材のひとつですね。

もうこの杢目を見ながら一杯やれるかなって言うくらい好きですね。ひとくちにキルトといっても細かなバブル模様のもの、大柄なもの、横に広がるトラ目に近いもの、ボヤッと浮かび上がるようなものから気持ちの悪いくらいくっきり鮮やかなものまで様々です。

杢目にともなって音色も違いますよ。ギッチリ強い目の出ているものは材の密度も高く重さもありますので、アタック、パワー、サスティーン、どれをとっても高いグレードなんですね。

以前(ッテ20年クライ前)は国内でもたくさん流通していましてアッシュに毛の生えたような値段で(ドンナネダン?)仕入れられたのですが、年々高く、入手しにくくなりまして、国内では思ったような上質なものが手に入らないため、今では直接アメリカやカナダの木材業者から買い付けているんですよ。グレードの高いキルト材は薄いブックマッチ材でも普通にギターを買えるくらいの値段です。ホント、ビックリするような値段です。(*^_^*)

さらに追い討ちをかけるように有名なビッグメーカーが金に糸目をつけずにマスターグレイドを確保しようとするものですから、値段はドンドン高騰してゆきます。・・・でも美しいギターを作るため、確保確保・・・。(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です