オーダーギター製作の際に、リクエストいただいたLollar Pickupを試してみました。

今回使ったのは<Black Face/Black Face/High Wind>の組み合わせで、Pre-CBS,60’を基本とした
シングルとパワードのPAFというところですね。「pushing your amplifier into distortion faster and harder. Creamy treble, smooth and fat bottom end with softer attack and lots of sustain」というお決まりの文句がやっぱり心をそそります。
現物も確かにむちゃくちゃパワフルなわけではなく、でも倍音もスムースでして、ビンテージを基本にあとはアンプや足元のセッティングで可能性無限な感じですね。

なにより、ピックアップの裏側の落書きのようなサインがハンドメイドの雰囲気を伺わせますね。
国内での販売は特約店に限るそうで、どこでも入手できるわけではないというのがやや残念。

T’s Guitarsも少量生産ですが、全国どなたにでも窓口は開いておりますよ。よろしくどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です