you tube続きでもう一発。見ておいて損はありませんよ。(*_*;←目が点になりますョ。

Antoine Dufour(アントワン・デュフォール)(いまだに上手く発音できない)カナダ出身の若手Finger-style Guitarist.数あるYou Tube登録の曲目の中、この曲を選んだのは、彼のメロディ,テンポ,ミディアムテンポの曲での確かなテクニックと空気感が一番現れているかなと思ったからです。

面と向かって会う機会に恵まれたのはつい先月、長野県伊那市(高遠町)でのライブコンサート。知人(と言ってはおこがましいか)の亀工房,前澤さんの招きで初来日したアントワンにお会いでき、じっくり演奏を聞かせてもらいました。Video画面から想像するよりはやや小柄な彼。でも彼の演奏が始まると会場は波を打ったように静まり返り、間違いなく全員が魅了されました。すばらしい!!!

今までAndy McKee,Don Rossなどの演奏も間近で見る機会に恵まれてきましたが、また空気が違いましたね。マイケル・ヘッジスを初めて聞いた時、そしてVideoを見た時にはかなりぶっ飛んだことを覚えていますが、時を経るとさらに新しい人類が生まれてきますね。彼らは同じルーツかも知れないですが、確実に進歩して新しい1分野を築いているように思えます。

決してビッグネームではありませんが、新しい波です。またこのMovieで「アレ?」と思うのがカポタスト。スパイダーカポという名前ですが、任意の弦のみロックすることが出来ますが、購入する勇気が僕にはありませんでした・・・。アントワンはただでさえ演奏する曲ごとに頻繁にチューニングを変えます。その上コレを使いこなす脳みそはいったいどんな風になっているのかと思いましたネェ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です