先日もフルアコの配線のお話が出ましたね。こちらはソリッドギターの配線ですが、ご覧の通りキッチリキチキチです。Tune upでお預かりしたんですけどこの機会に配線部品も総とっかえしてきれいになりました。

このギター僕の大好きなギターのひとつですが、ちょっと特殊なパターンでして、ピックアップと同じコイルをキャビティ内に置いてありましてスイッチングでシリーズ接続をすることでハムバッカーライクな働きをします。言ってみればハムキャンセルの役目ですよね。このコイルのポールピースは着磁されていませんので音は拾いません。スタジオでクリアーでピュアなサウンドを出すためにこんな工夫をしているのかな、と思います。

いろんな配線素材を使ってみるのも面白いですけど、まずは普通にキッチリ配線をし直すと出音もシャキッとするようで気持ちよいですね。配線好きなワタシです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です