昨年2009年半ば頃から(多分ですが)新しい仕様に変更になった(機種によってはまだですので正確には、新仕様になってきている-)EMGピックアップ。こんな感じです。- カッコ良いですね(*^_^*)

ハンダの必要がある箇所は極めて少なく、ほとんどは端子を差すだけで終わってしまいます。ただ慣れるまでがちょっと・・・、なにぶん説明書は英語オンリーなので取り扱うギターのコントロールレイアウトが取説とちょっと違ったりすると何が何だか、少し迷ってしまいます。

でもハンダを使わずに済むというのが、ひとつ大きく進んだところですよね。最近工業製品の扱い、特に輸出入の際にはハンダの成分もとてもうるさく言われるようで欧州などに出荷する際には昨日のメッキと同じく細かな配慮が必要なようです。(※元々ピックアップに付属しているスイッチやボリュームと基盤とはあらかじめハンダで結ばれております。あしからず。m(__)m)

片やビンテージテイストを追い求めて配線材やハンダまで古く希少なものを突き詰めるものあらば、もう一方では最前線のシステムで今まで無かった音質やサービスを追い求める。オーディオ、自動車、家具、洋服、食べ物から住まいまで同じように様々な理想があって、それぞれに独特の心地良さや満足感を与えてくれます。

選択肢の広さや発想の自由さはイコール文化文明の豊かさ奥深さ、さてでも新旧どちらも好きな僕にはなかなか悩める種なのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です