いつも写真撮ってブログばかり書いていると思われるといけないので、作ったギターのことも書かなければ。。。

フルサイズのストラトは久しぶりに作った気がしますが、微妙な差とは言え、ディンキーサイズとは確実に異なったキャラクターだと改めて感じました。不思議なことに出てくるフレーズも違ってきますよね。写真のギターは5AグレイドのFlameMapleネックを使ってカスタムショップ風なスペックになっています。(塗装はウレタン)

どうしてフルサイズをあまり積極的に作っていないかと言うと、国産でそれを追求している優れたメーカーが他にも複数ある、と言うことと本家本元Fenderがある、というのが一番の理由かもしれません。

一回、とあるミュージシャンさんから「Vintageの良いのを一本持っているんだけど、ツアーに持って行きたくないのでサブを作ってください」と依頼されまして一生懸命作ったのですが、結局同じ味わいは出せずに終わってしまいました。これはホント難しい話です。

もちろん追い求めては行きたいのですが、T’sブランドでは別のことを追っているところです。だからしばらく時間を置いて、もしかしたらフルラッカーのVintageモデルを出すかも知れませんねぇ。どうかなぁ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です