リフレットの話も結構奥深くて、知り合いリペアマンと話をしていても話題が尽きない分野ですねー。あんまり全部紹介していると果てしの無い話なんですが、写真で撮れるところを紹介しますね。

まず自分のやり方で、他の人と絶対違うだろうな、と思うところですが、僕はフレットを抜く時にドライヤー(ヒートガン)を使います。それも工業用の400度くらいの熱風の出るヤツ。アッツイですよ~。髪の毛乾かしたら絶対チリッチリです。

アルミや遮熱素材のシートを使ってフレット以外を保護しておいて、ヒートガンでフレットを熱し、熱さで接着剤が柔らかくなっているうちにフレットを抜きます。コレをやらないとローズやエボニーはぼろぼろになっちゃいますからね。

Stew Macなどでは半田ごてで暖める方法を紹介してますが、ヒートガンの方が断然早いですよ。

そのかわりセルバインディングやアクリルポジションは気をつけないとえらい目にあいます(^_^;)。お気をつけください。

f:id:kenjitsg:20101006001357j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です