DSTのメイプル指板のエッジ処理をしています。この状態ではまだフレットは何にもしていませんからとがったままですね。

塗装の前にきれいにエッジを丸めると、出来上がりの時の手の当たりがまるで違います。エッジを意識しないで済む、何十年も弾きこんだストラトのような馴染み方ですよね。
一度やり始めるともう、やらないと気が済まないようになっちゃいますよ。

でも一個所一カ所、22Fのギターだと掛ける2倍の箇所をコシコシ細かなやすりで仕上げなきゃいけませんから、なかなか大変!でもこれが大事!気が済むまでやります・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です