これ、ご覧になってお分かりのようにストラトのシンクロブリッジのサドル拡大写真です。(上下調節用のイモビスははずしてあります)両方とも国産のものですが、こうして見るとずいぶんと形が違うのがお分かりいただけると思います。注意していただきたいのは写真左側、弦が乗る部分のカーブです。

修理をしている中で、どこか特定のポジション-ローポジション、ハイポジションなど-の音がおかしい時には、まず疑うのはネックの反りとフレット浮きですが、例えば1弦だけがどのポジションでもビレる、音が詰まると言う時はサドルに問題がある時があるんですね。何となくみんな同じに出来ているような気がしてしまいますが、生産される工程の中で形状にバラつきが出てしまうことがあるようです。

微妙なカーブの違いではありますが、弦が乗っかっているとても大事な部分ですので、ここで問題が起こると致命的です。写真で言うと上のものは上部が平らになっていまして、弦がサドルから離れていくポイントで微妙に当たってしまい、シタールみたいな音になっていました。

でも幸い交換可能なものですし値段もさほど高価なものでもありませんから、原因だと分かりさえすれば比較的解決は簡単です。

最近は種類も色々と出回っていますので、試してみるのも良いかもしれませんね。でもとてもデリケートなパーツですので品質に注意してもらう事が非常に大切ですね。

f:id:kenjitsg:20101023184622j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です