D’Aquistoタイプのフルアコ、いえそれに限らなくとも、ブリッジサドルの頂点が一直線になっていてオクターブが合わないギターって結構ありますよね。
比較的ハイポジションで4noteのコードをプレイすることの多いジャズギターこそ、イントネーションはきっちりあっていて欲しいものです。

そこで写真のように補強の木を張り足しながら1.2弦のポイントをずらしてあげて、さらに他の弦も正確にイントネーションを合わせてあげると、ヒジョーにすっきりしますよ。ちょこっとずつ様子を見ながら削りますから、時間はかかるんですけどね。

今回はもともとのサドルを改造した例ですが、新たにサドルを作ってしまうことも多いですね。
3弦にプレーンの弦とワウンドの弦の両方を使い分けている人などは、2種類のサドルがあると便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です