写真はArc-STD、現在組み込み工程です。もう数日で出来上がりですね。
フレットのすり合わせをして磨き上げるため、指板とボディの一部をマスキングしていますが、これがなかなか面倒というか大変と言うか・・・。作業が済めば当然マスキングテープははがして捨ててしまいますので、自分でやっててもなんだかもったいないような気がしてきちゃいます。でもそんなこと言ってたらとそう作業なんて出来ないですね。ほんのひと吹きのために一部分を残して他全部マスキングしちゃったりしますからねー。

で、このフレットのすり合わせ~整形~磨き上げという一連の作業が済むと、もう半分出来上がったと言ってもいいくらい、気持ち的には楽になります。そのくらい山場です。フレット命!!!です。(そのうち腕に刺青を入れます笑)

ちなみに組み立て中のギターはArc-STD、4A-Quilt/Centura-Blue、今回初のソリッドボディ&VS100N、
予定定価は37万円+消費税。(チェンバーなしの分、お求め安い)

今までのチェンバーには無かった倍音が出せるか!
乞うご期待!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です