Arc と3点式ベルトサンダー!

引き続き Arc ボディを追いかけています。 下の写真をご覧ください。何だと思いますか? ギターボディの研磨に使用するベルト状のやすりです。大きな輪になっています。 布製・紙製・目の粗いものから細かいものまでさまざまなやすりが揃っています。 研磨箇所によっては一日で消耗してしまい、交換となるものもあるそうです。 いったいどんな風に使うのかといいますと・・・ 3点式ベルトサンダーです。 矢印の3点にベルト状やすりの輪をかけ、回転させて研磨します。 てっぺんのローラーを上下させることで、やすりの張り方の強弱を調節することもできます。 Arc 加工にルーター登場!に続いてボディ研磨を担当する戸田さんです。 NC 加工後のボディには細かい波状の凹凸が残っています。 まずはそこから研磨していきます。(NC 加工については、また書かせていただきますね。) ...
続きを読む

Arc 加工にルーター登場!

Arc に Chamber があることを学びました。どのように音色が違うのか、 デジマート様が作ってくださった特集ページ 吉田次郎さんの試奏を聴きながら解説を読ませていただいています。 ”ドライヤー(ヒートガン)””セロハンテープ”に続いて Arc ボディ研磨の様子をお伝えしていきます。 一晩置いて、バインディングがしっかりボディに接着されました。 ボディから少しはみ出している箇所を研磨していきます。 以前新しいルーターが仲間入りしたことをお伝えしました。 この機械はさまざまな刃やドリルを付け替えて、いろいろな加工に使われています。 写真上部  Arc に尖った先を向けているものが刃になります。 その真下に飛び出した円柱状の金属はとっても大事なガイドの役割を果たします。 ボディ研磨を担当している戸田さんです。 T's Guitars のカタロ...
続きを読む

ギター工房でセロハンテープ?!

「ギターとドライヤー?!」 バインディング樹脂の成形に続き、接着する様子をご紹介します。 今日の主役はセロハンテープ! 前回のブログで知人に「バインディングって?」と質問されたので、Arc 完成品でご説明しますね。 ボディートップ材にクリーム色の縁取りがあります。 これは色を塗ったわけではなく、まったく別の素材を綺麗に貼ったものです。 触ってみるとまったく段差はありません。いくつもの工程を経て一体となっています。 強力なドライヤー”ヒートガン”を使って成形したバインディング樹脂はご覧のように Arc のボディーの形を保っています。 Arc のボディーです。 バック材よりもトップ材の方が本当に少しだけ内側に小さいのがお分かりになりますか? そこにバインディングを貼っていきます。まずは接着剤。 バインディングをあてると素早...
続きを読む

T’s Guitars 2月イベント ぜひお出掛けくださいね!

2016年はやくも2月に入りましたが、今月はイベントでみなさんのお近くに参ります! オーダー相談会、無料メンテナンス他、よろずご相談承りますのでふるってご参加くださいませ! よろしくお願いいたします。 2月13日 島村楽器長野K'sスクエア店様 オーダー相談会 http://nagano.shimablo.com/entry/2016/01/20/143838 2月14日 島村楽器名古屋パルコ店様 オーダー相談&調整会 http://nagoya.shimablo.com/entry/2016/02/01/192120… 2月21日 ボトムズアップギターズ 福岡店様 http://www.buguitars.com/ 2月27,28日 池部楽器プレミアムギターズ様 http://www.ikebe-gakki.com/…/renewal3th/1...
続きを読む

ギターとドライヤー?!

ギターのナットが牛の骨から作られていることを学びました。 もちろん他の素材で作られているナットもありますが、T's Giutars の標準ナットは無漂白の牛骨です。 今回はドライヤーを使ってバインディング加工している様子をご紹介します。 見た目は普通のドライヤーですが、ご注意ください!! 200℃の熱風を出す強力なドライヤー、その名も「ヒートガン」・・・強そうです。 この道具を使ってギターのバインディングの加工をしていきます。 ウクレレ担当の馬場さんです。手にしているものがエレキギターのバインディング用樹脂です。 多少しなりはしますが、ご覧のとおり真っ直ぐな樹脂です。 写真は Arc のボディーです。バインディングをつける箇所は綺麗に加工して溝が作られています。 樹脂をあてがい、熱風を送りながら形を作っていきます。 時おり熱風が手...
続きを読む