ニッケルシルバーナット材

おかのさん、コメントありがとうございます。早速切り返しに出ますが(^_^;) このナットはフレットと同じシルバーニッケル素材で出来てるんですよ。ブラスよりは多少削りやすい気がしますが、その分溝の底面をきれいに仕上げるのがちょっと難しかったですね。(慣れの問題か?) これならゼロフレットの欠点をすべて補って理想のナットと成り得るか・・・。<ゼロフレット→減る→線で受け止め→溝にしちゃえ→いっそのこと→面で受け止め→ナットにしたら・・・> いやいや、このサイズになってしまうと質量も指板への固定方法も全く違いますからね。一見進化の過程を進んでいるように見えて別物になっちゃっていますね。 でも素材的には理にかなっていますし、高級感もバッチリです。追ってブラス素材なども紹介させてもらいます。
続きを読む

ゼロフレット

この写真、ウチで製作したゼロフレット付きのギターです。牛骨ナットも付いていますが、ただ単に弦がずれないように横方向の規制をしているだけの役割でほとんど弦に触れていません。 それまでゼロフレット仕様のギターを製作したことはほとんど無く、あってもヘッドレスのスタインバーガータイプでしたので特に問題を感じたことは無かったのですが、このギターはゼロフレットである上にトレモロ付きでした。当然フレットの減りは予想されたので多少でも緩和させようとゼロフレットのみステンレス製を採用してみたんです。 ところがしばらく弾くとフレットの天辺に傷が出来、トレモロを動かすたびにその出来てしまった小さな溝に弦がはまったりはずれたりしてピキーンという異音が出ました。普通だったら左の牛骨ナット(幅=5mm)のところに弦のテンションがかかるんですが、ゼロフレットの場合にはホントにピンポイント。点で荷重するようになりますの...
続きを読む

牛骨ナット 高さ決め

今日は牛骨ナットを加工する際の高さ決めの工程紹介です。ここでの「ミソ」は使っている鉛筆です。写真では分かりにくいんですが、鉛筆を真っ二つ(六角形を半分)に切ったような状態にして底面を平らに削り、先を尖らせているんですね。 コレを使ってフレットの上に乗っけてなぞるようにすると2フレット、1フレットを延長した高さにキッチリ線を引くことが出来ます。この線からどのくらいの高さにナットを削るかは製作家によって微妙に違うと思いますが、ボクは弦溝を切った時に低音弦の太さの2/3~3/4くらいが埋まるような高さ設定をしていますよ。1弦側はもう少し低くしますが、低すぎるとウチのDSTのようにストリングガイドが付いていない機種だと弦が溝から外れてしまうことがありますので要注意です。何事も行き過ぎるのは良くないのです。042のボトム=約1mmちょっとですから0.7~0.8mmですか。 ベースでも1弦側は丁度埋ま...
続きを読む

ギター保証書

現在ティーズギターでは販売するすべてのギターに写真のような保証書をお付けしております。お届けする責任において一台一台すべてに私の署名を入れております。特にオーダーで作らせていただいた場合にはオーナー様のお名前も記入させていただいておりますよ。 保証書には裏書がありまして「お買い上げから1年の間は保障をさせていただく云々」という書き方をしておりますが、たとえそれ以降でも、私どもの製作工程の中に原因があって不具合が生じたり、著しい劣化などが見られた場合には責任を持って対応させていただきます。 また以前お買い上げになられたオーナー様も、こちらに記録が残っていますので、2年3年経過したものでも無料の初回メンテナンス、あるいは2回目以降でも割安価格での対応をさせていただきますので、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。 保証書の付いていないギターもファーストオーナー様からご連絡をいただければ発...
続きを読む

組み立ての秘訣!?

ボクがいつもしているのはオーダーの受付相談、見積もりや業者さんとの打ち合わせ、材料や部品部材の調達と値段交渉やスケジュール調整、広告とウェブサイトの制作メンテ、そして一番大事な工程チェック、最終組み込み(Setup)と出荷納品と言う具合です。入り口と出口をやってるって訳ですね。(それともちろんリペア作業。)その間の工程を精鋭揃いのスタッフが手分けしてこなしてくれていますが、今日は最終工程になる「組み立て」のご紹介。 ボクは仕事中、ほとんどしゃべりません。主には組み立ての助手をしてくれている甘ちゃん(本名)と二人で作業をしていますが、ほぼ全くしゃべらないです。いっしょにやっててホント申し訳ないくらいですが、しゃべりながらだと失敗しちゃうんです。苦い思い出がいくつかあったりするものですから、頭の中にあるのはギターのことだけにしています。だから一緒にやっている人はきっと大変でしょうね。 そんな...
続きを読む

珍しい一品-後編

二日にまたがってご紹介のクレイマーベースです。もうひとつ注目するのがジョイントの方式です。 ネック側に金属のアンカーを埋め込んでおいて、ボディ裏からのボルト止めでガッチリ固定すると言うのが良く見るパターンですが、なんてったってこちらはネックの骨組みが金属。ガッチリ止まらないわけが無いです。おまけにボディ側もあり溝を切っていますので、この固体に関してはボルト止めするとビクともしない剛性感でしたね。(でもネックは弦の張力で引っ張り続けられると微妙に起きてきてしまいます。) 近頃ではアルミよりもチタン素材が色々な道具の素材として注目を集めていますが、やはり何より加工が大変なようです。そのあたり、このアルミは扱いやすく、音響的にも木材に近い特性を持っていると聞いたことがありますよ。伝達速度が速く耳障りではないなどの特性がスピーカーのアルミコーンや鉄琴(ビブラフォン)に使われている理由なのでしょう...
続きを読む

珍しい一品

コレ知ってますか? なかなか見られない珍しい一品です。 アルミと木材のコンビネーションで作られたネックを持つ「クレイマー」のベースですね。アルミ素材のおかげでヘッドは最低限のサイズですね。インパクトも相当強烈です。 このクレイマーの前にはやはりアルミネックを持つTravis Bean(トラビス・ビーン)って言うのもあって結構カッコ良いギターだったんですよ。ただ冬は手がこごえるって話も聞きましたけどね。 たかだか60年ほどの歴史のこの業界ですが、その間にも色んな取り組みがあり、成功して脚光を浴びたものもあれば、失敗して相手にもされないようなものもあったんですね。でもそういった歴史を知らなければ、また同じ過ちを繰り返すこともあるでしょう。(ナンのハナシ?) たかがギター、されどギター。このシルエットに古い歴史とまだ見ぬ未来を感じます。すばらしい!うん、うん。(*^_^*)
続きを読む